読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご近所未来ラボ by ご近所SNSマチマチ

ご近所SNS「マチマチ」が運営するブログです。「マチマチ」のお知らせから、参考になるコミュニティデザインの事例まで色々発信していきます!

地域密着型SNSは、FacebookやLINEでは生まれにくい“地縁コミュニティ”を形成する(全国地域づくり人財塾・東日本支部フォローアップ研修、登壇レポート)

活動報告

ご近所SNS「マチマチ」は、これからのよりよい地域社会、コミュニティデザインの在り方を模索するべく、大学やNPO、研究機関などと積極的に交流をしています。

f:id:tks-west:20161107151920j:plain

先日は、首都大学東京で行われた「全国地域づくり人財塾・東日本支部 第15回フォローアップ研修」に、マチマチ代表の六人部がゲストとして登壇しました!

f:id:tks-west:20161107152229j:plain

この研修は、多摩ニュータウン南西部の長池公園を中心に、住民の暮らしを様々な角度から支援することを目的に活動している「NPOフュージョン長池」が企画されたもの。サブテーマを「大学生との交流で、新たな創発を!」と銘打ち、首都大学東京・都市教養学部の大杉ゼミとの共催で行われました。 

当日はまず、行政学の観点から地域活性の研究に取り組んでいる大杉ゼミの学生の事例研究発表や、大杉覚教授からの「行政におけるオープンデータの在り方」についての基調講義が設けられました。

f:id:tks-west:20161117182931j:plain

大杉先生は課題提起の中で「オープンデータは、これから自治体が標準装備しなければならない要素」だと言い、次のように説明をしてくださいました。

「“オープンデータ化”とは、単に行政が情報を公開するだけではなくて、行政が持っている情報を民間が利活用できるようにすることです。自治体のオープンデータ化は、民間事業者による“地域の課題解決事業”の活性化につながります」

f:id:tks-west:20161117183955j:plain地域課題へのアプローチは今後、民間の事業者が積極的に介入するだろう――こうした大杉先生の話の流れを受ける形で、六人部より「マチマチ」についてのプレゼンをさせていただきました。

machimachi.com

六人部はマチマチのミッションを「ご近所の人々とのつながりを再構築すること」と明言した上で、このサービスを始めた動機を次のように語ります。

「うちにも娘が2人いて、今は保育園に通わせています。その保育園には“親父の会”という、ペンキ塗りや日曜大工などで手助けがほしい時に、気軽に連絡し合えるコミュニティがあって。身近に頼れる人たちが集まっているコミュニティがあると、すごく助かるし、心強いんですよね。でも今、各地で地域に根ざした“共助のコミュニティ”は、昔に比べて減っているように感じます。私たちは『地域の課題解決に自主的に向き合っていけるような“共助のコミュニティ”を増やしていきたい』と考えて、マチマチを立ち上げました」

f:id:tks-west:20161117190039j:plainマチマチは、FacebookやTwitterのような開かれたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは異なり、近隣住人同士だけでやり取りができる「地域密着型のSNS」です。タイムライン上には、自分と同じ地域に住んでいる人々――“ご近所さん”の投稿が並びます。

f:id:tks-west:20160712174208p:plainマチマチによるコミュニティの広がりを、六人部は実際にあったやり取りなどを紹介しながら、次のように説明しました。

「たとえばとある地域で、小学校への進学を控えたお子さんのいるママさんが『この地域の小学校がどんな感じなのか気になる』という投稿をしていたことがあって。それに対して、ほかの利用者が『各小学校に公開日がありますよ』と教えていたり。マチマチを介して、不要になった自転車や大型家具などを譲り合っていたり。オススメのカフェや飲み屋を教え合っていたり…さまざまなコミュニケーションが生まれています。こうしたやり取りが日常的に行われることで、自然とユーザー同士の間に“ご近所さん仲間”感ができ上がっていくんです。これは、もとから顔見知りじゃないと繋がりにくいLINEやFacebookではなかなか生まれない、マチマチならではのコミュニティだと思っています」

f:id:tks-west:20161120214658j:plain

六人部よりひと通りマチマチのプレゼンをさせて頂いた後は、スタッフが参加者の皆さんに登録方法をレクシャーしながら、マチマチを使ってみてもらいました。そして、実際に触った感触も踏まえ「マチマチをどのように活用すれば、地域コミュニティが盛り上がるか」というテーマで、席をシャッフルしながらディスカッションを実施。

f:id:tks-west:20161120223315j:plain

参加者からは「地域の公民館や市民会館などの施設と提携するべき」「地域のイベント情報がマチマチ上で網羅されていると利用価値が上がりそう」など、今後のマチマチの運営上で参考になるご意見をたくさん戴けました。

マチマチは、今後とも街づくりや地域活性に取り組む自治体や教育機関、団体と積極的に連携を取っていきたいと考えています。もし、そうした何か一緒にできそうなことがありましたら、ぜひお声かけください!

マチマチへのお問い合わせは、下記アドレスよりメールにて承っています。

support@machimachi.com 

【お知らせ】

現在、マチマチを運営している「Proper, Inc.」では、エンジニア・ディレクター・デザイナーなど、さまざまな職種で人材を募集しています。

ご興味のある方、下記の詳細をご確認ください。まずは気兼ねなく話を聞きにきていただけたら幸いです!

www.wantedly.com