「パークマネジメント」のハイセンスな海外事例――地域コミュニティが育む、素敵で愉快な公園たち

f:id:tks-west:20170215174907j:plain

これからの地域と公園のあり方を考える上でのキーワード「パークマネジメント」。近年日本でも広まりつつある言葉ですが、元々海外で盛んに取り入れられてきました。

lab.machimachi.com

今回は、この「パークマネジメント」の発想を用いて運営されている、海外の素敵な公園をご紹介します!

元線路がニューヨークを代表する公園に――「The High Line」のパークマネジメント

廃線となったニューヨーク・セントラル鉄道の支線を再利用

The High Line(以下ハイライン)は、ニューヨーク市にある全長2.3kmの線形の公園です。

www.thehighline.org

 この公園、実はもともと鉄道の高架部分なんです!廃線となったニューヨーク・セントラル鉄道の支線を利用して作られました。今は年間500万人近くの入場者が訪れ、ニューヨークを代表する観光名所の1つになっています。 

この公園は、2人の青年の「ハイラインを残したい」という思いから生まれました。

沿線の住民だったジョシュア・デービッドさんとロバート・ハモンドさんは、Friends of the High Line(以下フレンズオブハイライン)という団体を結成。取り壊される予定だった線路を残すため、ハイラインの写真集の出版や、地域住民からセレブリティまで巻き込んだ大規模なファンドレイジングなどを行って、保存のための資金を調達します。

その結果、ハイラインは元の面影を残しつつ、オシャレで素敵な公園として生まれ変わったのです!

ハイラインでは、ガイドツアーやアートイベントが定期的に開催されています。また、地域の若者が公園をランウェイに見立ててファッションショーを行ったり、子ども向けのイベントを開催したりするなど、周辺地域の人々がプログラムを提供する場にもなっています。現在、ハイラインはニューヨーク市が所有し、フレンズオブハイラインが管理を行っています。財源の約9割は、企業やメンバーシップ会員からの寄付。ニューヨーク市内だけでなく、全米中のファンからの支援が、ハイラインの運営を支えています。

参考リンク

「廃線を活用した都市公園開発 ~ニューヨーク・ハイライン公園の成功に学ぶ~ 」Clair Report No.394 (2014年3月31日) (財)自治体国際化協会 ニューヨーク事務所

地域コミュニティの拠点として機能する、緑豊かな都会のオアシス――「Bryant Park」のパークマネジメント

ニューヨークミッドタウンのオフィスビルに囲まれた公園

「Bryant Park(以下ブライアント・パーク)」は、ニューヨークのミッドタウンのオフィスビルに囲まれた公園です。中央には大きな芝生が広がっており、周辺の企業に勤める人や観光客の憩いの場となっています。

ブライアント・パーク 公式ホームページ

公園内では、ヨガやジャグリングや太極拳、語学教室など、様々な講座が週1ペースで開催されています。なんと、ほとんどの講座が無料で提供されているそう!

園内にある様々な遊具や、卓球のラケットなどの遊ぶための道具も、無料で使うことができます。

ブライアント・パークは、もともと貯水池だった広場を利用し、1843年に開園しました。しかし、アメリカはこの頃から、度重なる経済恐慌、及び南北戦争の影響で、国内の情勢が不安定になっていきます。そんな世相を反映するかのように、ブライアント・パークも次第に荒れていき、麻薬密売人が出入りするような暗い空間になってしまったのです。

1980年代に入ると、ブライアント・パークの再生を目指して、都市計画家やランドスケープデザイナーによるリニューアルが行われます。この施策に伴って、Bryant Park Restoration Corporation(略称 BPRC)という組織が設立されました。

BPRCは、ブライアント・パークの公園運営費用を管理するため、ニューヨーク市や周辺企業が共同で設立した組織です、公園を眺めることが出来るビルやオフィスのオーナーからお金を集めて、公園の管理の費用に充てています。

このような手法は、Business Improvement District(BID)と呼ばれます。ニューヨークでは、様々な場所の管理にBIDの手法が用いられており、地域の資産は地域の人々自身で運営するという考えが根付いています。

参考リンク

www.akionakagawa.com 

フェスのような公園づくり!? ドラマチックに地域コミュニティを盛り上げる「KaBOOM!」のパークマネジメント

子どもが健やかに成長できるような地域コミュニティの構築を目指す

最後に、公園ではありませんが、地域に公園を作ることを通じて、コミュニティ構築を目指している活動をご紹介します。

KaBOOM!(以下カブーム)は、地域住民や地域の非営利団体や企業を巻き込みながら、各地で公園をつくるプロジェクトを行う非営利団体です。アメリカの貧困地域において、子どもたちが安全に遊べる場所をつくることで、健やかに成長することが出来るような地域コミュニティの構築を目指しています。カブームは15年以上活動しており、これまで建設された公園は、なんと2100以上にのぼります。

kaboom.org 

カブームのプログラムの特徴は、公園の建設にかかる期間。なんと、たった1日で公園を作ってしまいます!

しかし、建設に至るまでは、入念な準備期間が設けられています。半年以上、話し合いやヒアリングを重ね、地域コミュニティとの関係性を築きながら一緒に公園の建設計画を作っていきます。その集大成として、建設日にはたくさんの人々が集まり、皆で一気に公園を建設します。その日は、地域の人々だけでなく、カブームに資金を提供している企業の方なども集まり、まるでお祭りのようです。

www.youtube.com

カブームの建設日の様子をムービーでご覧いただけます!

カブームでは、公園建設を建設する際、負担費用の10%を必ず地域住民による募金活動によってまかなうと決められています。これは、地域の人々からお金を集めることで、新しく出来る公園が自分たちのものだと認識し、愛着を持ってもらいたいという思いから。カブームは、地域の人々を主役にした、公園づくりのサポーターなのです。

パークマネジメントと言葉だけ聞くと固そうな印象を受けがちですが、こうして実際の活動を見てみると、どれも見ているだけでワクワクしますね♪

「パークマネジメント」について、さらに深く知りたい方へ

「パークマネジメント」を取り入れたさまざまな取り組みは、海外だけでなく、日本各地でも広がりを見せています。以下、パークマネジメントの概要や歴史、国内での事例を紹介した記事になります。興味のある方は、ぜひご覧ください!

「パークマネジメント」の概要をご紹介した記事はこちら

lab.machimachi.com

「パークマネジメント」の日本国内での事例を紹介した記事はこちら

lab.machimachi.com

地域コミュニティとつながるために、身近な公園に行ってみよう

「パークマネジメント」を実践する上では、住民同士のコミュニケーションがひとつのキーになります。ご近所SNS「マチマチ」はコミュニケーションツールとしてきっと役に立つはず。

「パークマネジメントを近くの公園で実践してみたい!」という方も、「自分の近くの公園はどんなことをやっているんだろう?」と興味を持った方も、「マチマチ」をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか? これまで知らなかった公園の新たな一面を知ることができるかもしれません。

ご近所SNSマチマチのサービスについて

machimachi.com

lab.machimachi.com