読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご近所未来ラボ by ご近所SNSマチマチ

ご近所SNS「マチマチ」が運営するブログです。「マチマチ」のお知らせから、参考になるコミュニティデザインの事例まで色々発信していきます!

「すべての活動は、身近な誰かのために」川崎の地域コミュニティ仕掛け人・田村寛之さんの実践

コミュニティデザイン

 ご近所SNSマチマチが運営する『ご近所未来ラボ』では、「地域活性や街づくりに携わる方々の力になりたい」という思いから、“コミュニティデザイン”についてのリサーチやインタビューを行なっています。

machimachi.com

今回は、神奈川県川崎市を中心に、地域活性のためのさまざまなプロジェクトを手がける、一般社団法人「カワサキノサキ」代表理事の田村寛之さんにインタビューをしました。その模様を、3つの記事にわたってお送りします。

家族のための「ゴミ拾い」から始まった、田村さんの地域活動

田村さん一家が横須賀から川崎に引っ越してきたのは、2013年の3月のことです。移り住んでからすぐに、田村さんは地域の人たちを巻き込んだゴミ拾い活動を始めました。この活動を始めた理由は「自分の家族のためだった」と言います。

「ちょうど長男が幼稚園から小学校に上がるのと、引っ越しのタイミングが重なっちゃったんです。友だちのいない街で、いきなり新しい学校生活が始まるのは、ちょっとかわいそうだなと思って。だから、街の人たちと仲良くなるきっかけを作ってあげようと考えて始めたのが、月2回のゴミ拾い活動でした」

f:id:tks-west:20160919025640j:plain

 

引っ越す前までは、地域コミュニティのための活動なんて、ほとんど経験のなかった田村さん。けれども、ゴミ拾い活動の企画を通して、少しずつ地域の人とつながりが生まれて、頼られるように。そして、田村さんも「地域の人たちのために何ができるのか」と、積極的に考えるようになったそうです。

 

地元の野菜を盛り上げる「農園フェス」

ゴミ拾いから地域活動の幅を広げつつあった田村さんは、ある日ふと「地元川崎で作られた野菜が、近くのお店に全然置いてない」ことに気付きます。

「横須賀では、近所のお店で地元の野菜が手軽に買えたんですよ。子どもにはなるべく、近くの畑で採れた安心できる野菜を食べさせたいと思っていて。周りの親御さんたちも『置いてあったら買いたいよね』と話す人が多かったですね」

田村さんは、川崎の農業について調べることに。すると、川崎市内でも野菜量は少なくないものの、流通が整っていないことがわかりました。

「僕は、川崎で野菜を作っている農家さんに会いに行きました。農家さんとつながって、まず自分が野菜を買いたいという思いがあったので(笑)。その上で、彼らの現状や、今どんな課題を抱えているのか、じっくり話を聞きました。僕ができることがあれば、なるべく協力したいと思ったからです」

それから、田村さんは川崎の農家のために動き始めました。

川崎で作られた野菜はもともと「かわさきそだち」とネーミングされていたので、それをプロモーションするラジオ番組を制作。また、川崎の農家とシェフ、大学の教授、異業種が集まって共同で主催する「農園フェス」の企画・広報にも参画。

行政と連携したり、宣伝にうまくFacebookを活用したりした結果、2015年に行われた「農園フェス」では、2000人もの来場者が訪れました。田村さんが関わる前のイベントと比較すると、来場者は5倍ほどに増えたそうです。

f:id:tks-west:20160919025719j:plain

「農園フェス」の様子

 

住めば都。愛着を持った街のために尽くす

現在は、自ら立ち上げた一般社団法人「カワサキノサキ」代表理事を務めるかたわら、Web上で地元の情報発信を行う「川崎経済新聞」編集長や、防災を楽しく学ぶための活動「Tamagawa Camp」実行委員長も兼任する田村さん。本業である消防士の仕事(米海軍基地)にも打ち込みながら、すべての活動に全力投球しています。

f:id:tks-west:20160919025733j:plain

「Tamagawa Camp」活動風景

 

田村さんはなぜ、生まれ故郷でもない地域コミュニティのために、一生懸命に尽くすことができるのでしょうか。

「もともと、川崎に縁があったわけではありません。けれども“住めば都”とはよく言ったもので、今ではこの川崎も、僕にとっては“地元”と呼べる場所になりました。だから、川崎のため、地域の人々のためになることなら、できる限りのことは何でもしようと思えています」

田村さんの行動する理由は、いつだってシンプルです。

「僕の活動は全部、“誰かのニーズありき”なんです。困っている人がいて、そこに自分の持っているネットワークや、広告塔としての僕の存在が役に立つのであれば、喜んで力を貸します。これからも『家族のため、子どものため』という気持ちはそのままで、この街に住む人たちの生活がより豊かになるようなしかけを、たくさん作っていきたいと思います」

 

次回更新では、田村さんにコミュニティ運営のコツについて伺った内容を掲載します。

(続きの記事はこちら)

lab.machimachi.com

lab.machimachi.com