読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

防災時の「ハザードマップ」を活用法とは?普段からチェックしておくべき防災情報をご紹介

f:id:MegumiHarada:20170415231656j:plain

地震や台風など、世界的にみても災害が多い国・日本。日頃から、防災に対する一人ひとりの備えが求められています。そのために重要なのが、自分が住んでいる「ご近所」における様々な防災についての情報です。

自分たちが住むご近所情報を気軽に交換することができるご近所SNS「マチマチ」は、防災に対しても大きな可能性を持っているサービスでもあります。

machimachi.com

まずは防災について、私たちが知っておくべき情報を確認してみましょう!

ハザードマップ(防災マップ)がご近所の災害の可能性を教えてくれる

防災・防犯において、まずチェックしたい情報が、近所の防災情報です。各自治体が、「ハザードマップ」や「防災マップ」という名前で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置を示しています。また、マップは「地震」や「洪水」というように、災害の種類ごとに作られています。

ハザードマップは各自治体の窓口や、インターネット上で入手することが可能。国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」からは、インターネット上に公開している自治体のサイトに、すぐにたどり着くことができます。

disapotal.gsi.go.jp

また、「ハザードマップポータルサイト」には、異なる種類のハザードマップを重ねてみることができる「重ねるハザードマップ」という機能も。災害時にどんな被害が起こるのか、総合的にチェックすることが可能です。

参考

style.nikkei.com

ハザードマップを重ねて、地域の防災情報を複合的にチェック

「ハザードマップ」を手に入れたら、どんなことを調べればよいでしょうか?

まずは自宅周辺や学校、勤務先が災害時にどのくらい被害にあう可能性が高いのか確認しましょう。一つの災害だけではなく、「洪水」や「地震」など、様々な種類の災害での被害を確認する必要がありますね。

被害状況を確認したら、次に災害時にどうやって逃げるべきか、避難経路をチェック。このときに便利なのが、先ほど出てきた「重ねるハザードマップ」です。例えば、大雨のときは、「洪水浸水想定区域」の地図に、「道路冠水想定箇所」や「事前通行規制区間」を重ねてみることによって、どの道を通れば最も安全に避難できるのかということを判断することができます。一つの情報だけではなく、複合的に情報を確認しておくことが大切です。

f:id:MegumiHarada:20170415231539p:plainhttp://disaportal.gsi.go.jp/hazardmap/pamphlet/kouhou.pdfの一部より抜粋

通学先や勤務先が遠い人は、オフィスから自宅までの避難経路も見ておきましょう。災害時は、道路や公共交通網が麻痺する可能性も少なくありません。歩いて帰るための経路を探しておくことも重要です。

災害時だけでなく、日頃から地域コミュニティでの交流を

災害は、ある日突然発生します。災害が起きたとき、人はなかなかとっさに行動をとることが難しいもの。日頃から、押さえておくべき情報を意識しておきたいですね。

また、災害時に重要になるのが人とのつながりです。大災害でライフラインが遮断されてしまったとき、近隣住民が物資を共有することでしのいだという話を耳にしたことがある方もいるかもしれません。

情報同様、日頃からご近所さんとつながることも、災害時に落ち着いて行動することができる一つのポイントではないでしょうか。

しかし、特に町内会などの地縁活動が希薄化している都市部では、ご近所さんとのつながりをつくる機会があまり多くありません。そこで、ご近所SNS「マチマチ」のように、オンラインでご近所さんとやり取りができるツールを使うという方法があります。気になる場所やイベントについて質問してみたり、自分が知っているご近所情報をシェアすることで、近隣に生活する人々とつながることが可能になります。

日頃の生活から、ご近所さんとのつながりをつくることを心がける。普段できることから少しずつ、災害に強い地域コミュニティをつくっていきませんか。

ご近所SNS「マチマチ」のサービスはこちら

machimachi.com