「マチマチ」はテクノロジーとコミュニティデザインを通じて、地域コミュニティの課題解決を目指す #civictechjp

f:id:junyamori:20160919005731j:plain

9月17日(土)に千葉県柏市にて開催された「CIVIC TECH FORUM@千葉・茨城 2016」に、マチマチ代表の六人部が登壇しました!

イベントのテーマとなっている「Civic Tech(シビックテック)」とは、「テクノロジーを活用し、身のまわりの課題を自分たちで解決していこう」という考え方やムーブメントを意味する言葉です。

「ご近所の人々とのつながりを通して、地域の課題を解決する」をミッションとして掲げるマチマチも、シビックテックと言えるはず。「CIVIC TECH FORUM@千葉・茨城 2016」にて、シビックテックに関心のある方々を前に、マチマチについて紹介させていただきました。

今回は、マチマチのセッションの模様をレポートします。

コミュニティを軸に家を選ぶと満足度が高い

f:id:junyamori:20160919005637j:plain 

マチマチが生まれるまでには、2つの変遷がありました。1つは実家が不動産事業を営んでいたこと。そして、2つめは子どもが生まれた後にした体験です。

横浜で父が不動産を営んでおり、父が高齢となったため事業を手伝うようになりました。地主さんやお客さんと話す機会が増え、家探しに対して満足している人とそうでない人がいることがわかってきました。

「この2つのパターンは、どう分岐しているのだろう?」、そう思って調べてみたところ、コミュニティを軸に家探しをしている人は満足度が高いことがわかりました。引越しを考える際に、人々はHOMESやSUUMOといったサービスを利用しますが、コミュニティをベースに探すことはなかなかできません。

そこで、最初はコミュニティを軸に家探しができるプラットフォームを作ろうと考えました。地域の主婦やシニアの方など、その地域に詳しい人が家探しを手伝うという仕組みです。

このサービスは、不特定多数の人が不動産業をやるのはダメだ、ということでピボットしました。都会においてコミュニティは存在しないことも多く、コミュニティを作るためのサービスを作ることにしました。

地域の人たちは潜在的に課題意識を共有している

もうひとつのきっかけが子どもが生まれたことでした。ずっと仕事に取り組んできた私は、地域との関わりがないことに気づきました。子どもが保育園に通い始めて、初めて地域とのつながりが生まれてきたのです。

保護者の人たちで集まる催し等を通じて、近隣の方々と話をする中で「商店街が元気ないよね」といった話題になりました。これは私がずっと課題だと感じていたことだったのですが、会話をきっかけに他にも同じ課題意識を持っている人がいることがわかりました。

ご近所には、自分が課題だと感じていることを、課題だと感じている人がいる。この気付きや課題の共有がより頻繁に起こるようなプラットフォームを作れないか、そう考えて開発し始めたのが「マチマチ」です。

f:id:junyamori:20160919010037p:plain

 現代の日本が抱える社会課題

戦後の日本は農村社会で、地域コミュニティにより子育て、高齢者のケアといった地域の課題が解決されていました。高度経済成長期を迎え、人口も急増し、税収も増加していく中、地域課題の解決は行政に委ねられるようになっていきました。

現代、行政も限界を迎えつつあり、地域コミュニティも衰退している状態。地域の課題解決の担い手がいない状況が生まれています。

ハーバード大学ケネディスクール教授のロバート・パットナム氏は、「ソーシャル・キャピタル」が地域課題を解決すると発言しています。ソーシャル・キャピタルは、人々の協調行動が活発化することにより社会の効率性を高めることができるという考え方を持ち、社会の信頼関係、規範、ネットワークといった社会組織の重要性を説く概念です。

ロバート・パットナムは、ソーシャル・キャピタルのある地域は犯罪率の低下、公衆衛生の良化につながり、コミュニティが課題解決の鍵となるのではと述べています。

私たちは、地域が抱える課題を解決していくために、マチマチを作りました。マチマチを通じて地域コミュニティを簡単に作ることができるようになればと考えています。

マチマチがターゲットとするユーザー像

f:id:junyamori:20160624182004p:plain

マチマチがターゲットとしているユーザーは、2パターン存在します。1つは、まさに今日のイベントに参加されているような方々です。地域に対して課題意識を持ち、同じ目標を目指して同志を増やそうとしている人たち。

地域で何か活動しようとする人たちが、地域のお店にチラシを置いても見てもらえているかわからないですし、Facebookに投稿しても近隣の人からの反応がもらえなかったりします。

マチマチは、地域でアクションしていきたい人たちが、ご近所の方々とコミュニケーションしやすくなるためのツールです。

社内にコミュニティデザインチームを組成しておりまして、マチマチを使って地域でアクションしたいユーザーに対して、仲間を増やすための支援を提供していこうとしています。今後、マチマチのユーザー向けイベントの運営方法や集客等もやり方を整理して公開していく予定です。

もう一つのターゲットは、ご近所の情報を探している人たち。こちらのほうがマジョリティです。

ご近所の情報はなかなか手に入りません。検索しても、SNSを使っても見つからない。ご近所の人たちと情報交換ができるようになれば、良い情報にアクセスできるようになります。

安心して使ってもらえるサービスを目指して

f:id:junyamori:20160919010731p:plain

ターゲットとするユーザーの方々にマチマチを使ってもらうために、マチマチは安心安全な環境を重視しています。

ユーザー登録する際には、公的書類のアップロードやハガキを通じた本人確認が必要になります。登録のハードルは高いですが、その甲斐もあってサービスリリースから6ヶ月間で、ネガティブな投稿や誹謗中傷は起きていません。

マチマチではご近所の範囲は、3キロ×3キロの範囲内でユーザーが自ら設定できるようになっています。最初は半径800メートルで一律となっていたのですが、住む場所によって条件は様々であることから、範囲を変更しました。

lab.machimachi.com

マチマチに投稿されている内容は、ユーザーのオススメのお店や施設情報が5割ほど。その他は、近隣のイベントや教育施設、病院、新しく引っ越してきた人からの質問に回答などが投稿されています。

頻度は少ないですが、防犯情報の共有やはしかの予防摂取情報なども投稿されています。今後は、ご近所のイベントやニュースを通知する機能を実装し、ご近所版SmartNewsのような役割を果たしていけたらと考えています。

lab.machimachi.com

SNSはユーザーの継続率が非常に重要なサービスなのですが、マチマチはリリースから4ヶ月が経過して、継続率は65%とかなり高い数字となっています。ユーザーインタビューをしてみると「近所の方が参加すると見てしまう」という声を聞くことができました。

盛り上がったエリアではオフラインイベントも

現在盛り上がっているのは、代々木上原・富ヶ谷エリア。同エリアでは男女比率も同じくらいで、年齢は20〜60代と幅広い方々が参加しています。2〜3日に一度は投稿が行われ、会話も弾んでいます。

盛り上がっているエリアを舞台に、私たちは「マチマチあるき」というオフラインイベントを開催しました。イベントでは、駅チカに会場をお借りして、大きな地図を広げ、集まった地域の住人のみなさんに、地元だからこそわかる、さまざまな情報を書き込んでもらいました。

lab.machimachi.com

lab.machimachi.com

3〜4時間のイベント開催時間中に延べ200人の方が運んでくださいました。商店街も巻き込んだことで、お店情報も交換でき、訪れた互いに初対面の人同士がつながる現象も確認できました。今後、別のエリアでも開催していく予定です。

なぜ今、ご近所SNSなのか

私たちが「マチマチ」を始める前にも、地域SNSは存在していました。私たちなりになぜ、「今」ご近所SNSに取り組むのかの理由をお伝えします。

まず、なぜ過去の類似サービスが失敗したのか。要因の1つは、ユーザーが増える前に、収益化を最初から目指したことがあります。これは、実際に類似事業の担当者にインタビューをして確認した部分でもあります。マチマチは、まだ人も情報も集まっていないので、マネタイズは先送りにする予定です。

2つ目の要因としては、スマホが普及していなかったことが挙げられます。ご近所SNSは、街を歩きながら情報を投稿できることがとても重要なので、スマホが普及した今こそ、ご近所SNSが利用されると私たちは考えています。

lab.machimachi.com

テクノロジーはあくまでツール

最後に、本日お集まりの方々に対してお話したいことがあります。あくまでも、テクノロジーはツールでしかありません。マチマチがミッションとするのは、ご近所のつながり。今後、テクノロジーがソリューションとして適していない活動もやっていく予定です。

もちろん、私たちは成果を重視していきます。企業でもNPOでも、成果をちゃんと定義することことが重要です。僕たちの場合は、投資家から出資を受けているので、投資家に対する説明責任があり、目的に対して常に活動は本当に必要なのかを考える必要があります。

私たちは、地域の課題をご近所SNSで解決していきたいと思っています。街ごと課題は異なります。マチマチを通して、街に住んでいる人たち自身が立ち上がり、自ら課題解決に向かって動いていくようになっていってもらいたいと思います。

(講演終わり)

f:id:junyamori:20160919010439j:plain

当日は、セッションの様子をビジュアルでリアルタイムにまとめるグラフィックレコーディングも行われました。パッと見てどんな話がなされたのかがわかりやすくまとまっています。

マチマチは今後もサービスの改善を重ね、ご近所の人々とのつながりを通して、地域の課題を解決することに挑戦していきます。マチマチを使ってみたいという方は、ぜひ下記の記事を読んだり、ユーザー登録をしてみてください!

machimachi.com

lab.machimachi.com

 

【お知らせ】

現在、マチマチを運営している「Proper, Inc.」では、エンジニア・ディレクター・デザイナーなど、さまざまな職種で人材を募集しています。

ご興味のある方、下記の詳細をご確認ください。まずは気兼ねなく話を聞きにきてもらえたら幸いです!

www.wantedly.com