第一弾は渋谷区!行政と共に地域課題の解決を目指す「マチマチ for 自治体」がスタート!

f:id:junyamori:20170626003704p:plain

ご近所SNSマチマチは、マチマチによる地域コミュニティの活性化を通じた地域課題の解決に向けて、渋谷区と「マチマチ for 自治体」に関する協定を締結しました!渋谷区としてベンチャー企業との協定締結は初めて。

渋谷区は、6月の第一日曜日を“ふだん話す機会の少ない近隣の人ともっと顔見知りになる日”「渋谷おとなりサンデーの日」と定めるなど、地域コミュニティ活性化に積極的に取り組んでいます。

マチマチと渋谷区は今回の協定を結んだことにより、マチマチを活用して区と住民、住民同士のつながりを構築・強化していき、地域コミュニティの活性化を目指します。渋谷区の長谷部 健 区長は、今回の協定に関して、次のように述べています。

f:id:junyamori:20170626004237j:plain

「今回の協定をきっかけに、 『マチマチ』 がより多くの方にご利用いただき住民間およびコミュニティにおける共助を推進していくためのプラットフォームとなることを期待しています」

マチマチが2016年3月にサービスをリリースしたのは、渋谷区でした。マチマチの中でも、渋谷区は大いに盛り上がり、1年が経過した今では渋谷区には300人以上の住民、商店街、NPOが参加してくださっています。マチマチとして最初のイベントも渋谷区で開催しました!

lab.machimachi.com

「マチマチ for 自治体」を活用して地域コミュニティを活性

今回の協定では、マチマチが新たに提供を開始したプログラム「マチマチ for 自治体」が渋谷区に導入されます。「マチマチ for 自治体」では、区の行政、防犯・防災、地域活動などの情報をマチマチ上で発信を行うとともに、区内の様々な地域活動への参加促進のサポートを行います。

行政は掲示板や配布チラシを通じて住民に伝えていた情報を、マチマチを通じて届けることが可能になるだけではなく、アンケートも実施できるようになるため、住民の声に耳を傾けやすくなります。

また、住民はオンライン上で子育て世代同士の情報交換等を行うことができ、ユーザー同士での助け合いも促進されます。もちろん、マチマチを利用することで地域のイベント情報がチェックできたり、ご近所の習い事を探したりと、色々な使い方も可能です。

マチマチが導入されることで、自治体は緊急時に防犯・防災情報の発信をすることもできるようになりますし、住民同士がコミュニケーションをとるようになることで互いに助け合う共助も可能になります。

マチマチ代表の六人部は、「マチマチ for 自治体」が渋谷区に導入されたことについて、以下のようにコメントしています。

f:id:junyamori:20170626004233j:plain

「先進的な取り組みを行っている渋谷区が、自治体としては初めてマチマチを活用し、区内のコミュニティの活性化を推進していくことを大変嬉しく思います。本協定により、渋谷区はより効率的な情報発信により住民との距離を縮め、住民はご近所同士でコミュニケーションをとることが可能となります」

様々なメディアに取り上げていただきました!

今回の渋谷区との連携に関して、メディアのみなさまに記事として取り上げていただきました!

www.nikkei.com

jp.techcrunch.com

news.mynavi.jp

みなさんからのご期待に添えるよう、マチマチはいっそう活動をスピードアップさせていきます!

自治体との連携を強め、地域課題の解決に貢献

子育て支援、高齢者の支援、地域包括ケア、移住促進、CCRCなど、自治体が取り組んでいる地域課題は数多く存在しています。こうした地域課題の解決に貢献していくべく、マチマチは自治体との連携をさらに推進していくことを目指します。

地域に眠る情報を可視化し、人工知能などのテクノロジーを活用していくことで、解決に向けたアクションがとりやすくなります。マチマチは、テクノロジーを活用して、地域課題の解決に貢献していきたい。

「マチマチ for 自治体」は、渋谷区に限らず、地域課題を抱えているところであれば、どこも無料で導入が可能です。マチマチは、行政と住民間のつながりをさらに強化し、地域コミュニティの活性化に取り組んでいきます。

住民とのコミュニケーション、住民同士のコミュニケーション等を積極的に行っていきたい自治体は、ぜひお問い合わせください!

machimachi.com

machimachi.com

さいたま・鹿手袋エリアの地域イベント「シカテ一畳マーケット」に出展しました!

f:id:junyamori:20170626082818j:plain

ご近所SNS「マチマチ」は、先日、さいたま・鹿手袋エリアで開催される、地域の人々とつながることを目的としたイベント「シカテ一畳マーケット」に出展しました!

「シカテ一畳マーケット」は、住宅街にある大きな倉庫を使い、出店者が無理なく参加できる畳一畳分の「自分だけのおさいたま店」を出して、地域住民と交流することを目指しています。

f:id:junyamori:20170626083331j:plain

倉庫を利用してのイベントは、ちょっと不思議な感じ。屋内の空間に小さいお子様連れから若いカップル、学生、デイサービスに通う高齢者など、多様な来場者が訪れました。

コーヒーやカフェなどの飲食店の他、ハンドメイドの雑貨のショップやフリーマーケットなど、出店内容も盛りだくさん。

その中でマチマチは、近所のおすすめスポットを教え合いながら作成していくご近所マップと、子どもたちが楽しめる輪投げのアクティビティを用意。ブースに足を運んでくださった方々に、マチマチの説明をしたり、実際に体験してもらいました。

f:id:junyamori:20170626082832j:plain

当日、ブースに来てくださったのは浦和駅の周辺に暮らす方々でした。小石川の方々も集まってくださり、地域イベントの中でも、特にご近所の方々が来てくださったイベントのように感じられました。

幅広い客層の方々が集まるイベントだったこともあり、ご近所マップにも地域の様々な情報が集まりました。みなさん、近所の情報を共有するところに関心を持ってくださったようです。

f:id:junyamori:20170626082802j:plain
マチマチに関心をもって、話聞きに来てくださる方々も多く、「面白い!」と言ってイベントの中で広めてくださる方も。その方経由でブースに人が足を運んでくださったりして、同じイベントの中でも口コミが起きていました。地域の人の口コミは強いですね...!

「マチマチ」はご近所限定のSNSなので、地域のおすすめ情報を教え合うことが日常的に可能になります。子育てに役立つ情報から、防犯・防災の情報など、気軽に共有することができます。ぜひ皆さんの地域でも、使ってみてくださいね!

lab.machimachi.com

中野区の地域イベント「なかのアンテナストリート」に出展しました!

f:id:junyamori:20170626080626j:plain

2017年4月1日、マチマチは中野アンテナストリートに出展しました!「中野アンテナストリート」は、地域密着・地域還元を主旨に、中野区で毎月第一土曜日に開催されているイベント。

イベントには、中野区内の企業・産品の販売やPRをはじめ、野菜の直売、子ども向けワークショップ・無料体験会など様々な催しが用意。家族連れでもたっぷり遊べる“参加型イベント”として、たくさんの人々で賑わっていました。

f:id:junyamori:20170626081255j:plainマチマチは、「中野アンテナストリート」の中でブースを出展し、中野区のおすすめスポットを教え合いながらご近所マップの作成をしたり、輪投げなどのアクティビティを提供しました。

ご近所マップの作成は今回も大人気!みなさん、中野区のおすすめスポットをいろいろと教えてくださいました!

f:id:junyamori:20170626080542j:plain

中央線沿いの方々を中心に多くの方と出会いました

当日は、中野アンテナストリートの会場となっている場所の、道路挟んだ反対側でフェスイベントも開催されていて、人通りは多く中央線沿いの方々を中心に多くの方が来場。イベントの雰囲気は「エルカジまつり」に似ている感じ。

lab.machimachi.com

マチマチのブースには、普段からマチマチを使ってくださっているユーザーの方も来てくださいました!普段、サービスを使ってくださっている方々にお越しいただけて、私たちも感動でした! 

中には、中野の外から来てくれた人もいらっしゃって、広い範囲でご近所マップの作成が行われました。

f:id:junyamori:20170626081209j:plain

「マチマチ」は各地域内限定のSNSなので、子育てに役立つ地域の情報も気軽に共有することができます。ぜひ皆さんの地域でも、使ってみてくださいね!

lab.machimachi.com

 

 

地域福祉のかなめ「ソーシャルワーカー」とは?頼れる医療・福祉の相談役

f:id:MegumiHarada:20170521140505j:plain

近年、介護や福祉は日本社会において重要なキーワードの一つです。その中でも、核となる役割を担うのが、「ソーシャルワーカー」という職能。今回は、これからの介護・福祉分野で活躍を期待される「ソーシャルワーカー」に焦点を当てたいと思います。

医療・福祉の頼れる相談役「ソーシャルワーカー(社会福祉士)」

社会福祉士とは、社会福祉専門職の国家資格です。「ソーシャルワーカー」という名前を聞き覚えがある方も多いかもしれません。身体・精神・経済的な障害を持つ人々からの相談を受け、適切な支援やサービスを案内したり、困りごとを解決するためのサポートを行います。

社会福祉士の職場としては、主に社会福祉施設が多く、その他に社会福祉協議会、医療機関、行政機関などがあります。同じ資格を持っていても、異なる分野の場で働く人が多いということが特徴です。

また、社会福祉士は国家資格であるため、試験を受けて合格しなければ名乗ることはできません。試験を受けるためには、大学等で指定科目を履修、短大等で指定科目を履修して実務1~2年を経験、養成施設を経るなど、いくつかの方法があります。

ただ、どの選択肢をとっても、社会福祉士になるのは狭き門。国家試験の合格率は、だいたい3割程度に留まっています。

参考リンク

www.caresapo.jp

「ソーシャルワーカー」の新たなフィールドである地域コミュニティ

福祉に関わる様々な場に関わる社会福祉士。現在、社会福祉士が活躍する場として注目されているのが、地域コミュニティです。

近年、日本における地域福祉のシステムとして注目を浴びる「地域包括ケアシステム」では、社会福祉士が、システムに関わる多分野の専門職をつなぐ媒介役としての機能を期待されています。それは、現在の日本ではまだ医療や福祉、介護など多領域の知識を併せ持つ人材は少ないためです。

今後、社会福祉士が配属される場として、地域の医療・福祉をワンストップで提供するための拠点である「地域包括支援センター」や、在宅介護の民間事業所、行政の福祉課などが想定されています。

以前、ご近所未来ラボでは団地コミュニティの中に存在する医療・介護のなんでも相談場所である「暮らしの保健室」をご紹介しました。この「暮らしの保健室」のような場も、今後社会福祉士の重要なフィールドとなっていくことが予想されます。

lab.machimachi.com

地域住民と社会福祉士の繋がりが、地域福祉を実現するひとつのカギ

社会福祉士を中心とした地域福祉を実現するためには、住民と専門家の積極的な交流が必要です。

例えば、民生委員のような地域コミュニティと強い結びつきをもつ住民は、他の住民の動向にも積極的に関わっており、小さな異変もすぐにキャッチしています。こうした地域住民の方と医療・福祉人材がつながることができれば、地域における福祉活動は活発になっていくはず。

ご近所SNSマチマチのようなコミュニケーションツールを利用することで、社会福祉士を中心に提供される健康サービスなどの情報を発信することも可能です。社会福祉士を始めとした医療・介護・福祉の専門家と、地域住民がつながるためのツールとして、マチマチの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

machimachi.com

 

「渋谷社会部 powerd by ホウドウキョク朝活」にマチマチの六人部が出演します!放送は6月27日(火)9時から!

f:id:yuuki001:20170612012827p:plain

渋谷のラジオ内の番組「渋谷社会部 powerd by ホウドウキョク朝活」に、マチマチの六人部が出演します!

「渋谷社会部 powerd by ホウドウキョク朝活」は、「地域密着×世界最先端」をテーマに、各界の著名人が話し手を務める「渋谷のラジオ」と、テキスト記事からライブ配信まで行うニュースメディア「ホウドウキョク」が共同で放送する番組です。

「渋谷社会部 powerd by ホウドウキョク朝活」では、渋谷のラジオ内でNPOリーダーをゲストに迎えて放送されている番組「渋谷社会部」と、スタートアップ企業の代表をゲストに招いてプレゼンを聞く月に一度の朝活イベント「ホウドウキョク朝活」の2つがコラボして、ソーシャル領域のスタートアップの代表から話を聞いていくという内容。

六人部が出演する今回のテーマは「コミュニティ&ソーシャル」です。番組内では、マチマチが社会に向けて行っている今までの取り組みを踏まえた上で、地域コミュニティや、社会課題についてお伝えする予定です!

放送時間は、6月27日(火)の9時00分頃から。お時間の合う方は、ぜひご視聴ください!

note.mu

www.houdoukyoku.jp